脱毛器のクロニクルについて辿ってみよう

「脱毛器のクロニクルについて辿ってみよう」について

始まりの脱毛から最新フラッシュまで、おさらいをしてから脱毛を

当サイトのコンテンツ

X線がなかったら、脱毛器は遅咲き

まずはこちらのコンテンツをお読みください。

電気を使っていたのは20世紀後半

管理人がおすすめする記事になります。

主力レーザーは永久減毛

さらに深く知りたい方はこちらもどうぞ!

X線がなかったら、脱毛器は遅咲き

画像
日頃便利に使っているものにも、商品として利用される前の歴史があります。女性にとって悩みの種となるムダ毛処理を助けてくれる脱毛器にもしっかりとした生い立ちがあるんですよ。そもそも脱毛器という形になるまでは、脱毛をするやり方のひとつでしかありませんでした。一番最初に脱毛の方法が見つかったのは、1904年からです。現在ではレントゲンや治療にも用いられるX線、これを利用して脱毛をしていたんですね。このときで既に、永久脱毛としての効果は見られたというのだから、驚きです。

惜しむらくは、永久脱毛の効果があっても、それに伴う副作用があったことです。いまどきの脱毛器では目立つ副作用というのはありません。しかし当時はX線、つまりは放射能ですから体にいいものでなかったのです。皮膚にシワやシミとして残ることもあれば、年数が経ってから体調を崩してしまうなど勧められる脱毛方法ではありませんでした。もちろん一般家庭で扱えるものではないので、次第にX線を利用した脱毛は廃れていきました。現在の脱毛器とは直接的関係はありませんが、脱毛に対する取り組みは昔から行われてきたということがわかりますね。
今でも利用されることのある電気を用いた脱毛方法が発見されたのは、実はX線よりも前の時代でした。

新着情報